子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

軟骨損傷の症状と治療および予防法

膝関節は下肢の最も重要な関節で、高い負荷がかかります。そのため、体重を受ける関節表面の軟骨は、損傷が起きる危険性が高くなります。 膝関節を構成する大腿骨、脛骨、膝蓋骨が互いに向かい合う表面には、他の関節に比べて厚い関節軟骨が存在し、関節に加わるカを吸収分散する働きをしています。しかし、関節軟骨の許容範囲を超えたカが加われば、関...

タナ障害の症状と治療および予防法

膝関節の内部には、関節内の空間である関節腔を仕切る膜状の壁がいくつかあります。この壁を滑膜ヒダといいます。膝関節の内側から下方にかけての部分で、大腿骨と膝蓋骨の間に見られる滑脱ヒダは、全人口の3~5割に存在します。この滑膜ヒダは、関節鏡で観察すると物を乗せる棚のように見えるため、タナと呼ぱれています。タナの幅は個人差が大きく、...

半月板損傷の症状と治療および予防法

半月板は、膝関節内部の大腿骨と脛骨の間に介在するクッション組織で、線維軟骨でできています。半月というより、三日月を少し太くしたような形をしていて、膝の内側(母指側)と外側(小指側)に1個ずつ存在しています。 半月板の役割は、膝関節に加わる衝撃を分散することと、関節表面の接触面積を広くして関節を安定させることです。高齢者では、関...

後十字靭帯損傷の症状と治療および予防法

後十字靭帯は、前十字靭帯と同様に膝関節の内部に存在する靭帯です。この靭帯は膝関節の後方にあり、前方から見ると、関節の内儀上方からやや外側下方へとつながっています。 主な機能は、大腿骨と脛骨をつなぎ、脛骨が後ろにずれないように支持することにあります。回旋方向に対して支持する役割は、前十字靭帯ほどではないようです。 後十字靭帯損傷...

前十字靭帯損傷の症状と治療および予防法

膝関節には、関節の周囲だけでなく、関節内部にも靭帯が存在し、関節の安定化に役立っています。特に方向転換の ような複雑な動きは、関節内の靭帯による支持性がないと行うことができません。 前十字靭帯損傷は、スポーツ医学の発展を象徴する歴史を持っています。半世紀前には、関節の内部を検査する手段がありませんでした、そのため、膝のケガをし...

内側側副靭帯損傷の症状と治療および予防法

膝関節の障害では、球技を中心に靭帯損傷が発生しやすく、特に重要視されています。中でも発生件数が多いのは、膝関節の内側を支持している内側側副靭帯の損傷です。 この靭帯は膝閔節の内側の皮下にあり、閔節包と接しているので、痛みや腫れを直接観察しやすいという特徴があります。内側側副靭帯損傷には、合併損傷として、半月板扱傷や十字靭帯損傷...

疲労骨折の症状と治療および予防法

大腿部は疲労骨折を起こしやすい部位です。疲労骨折はランニングをする人に多いのですが、ランナーの疲労骨折としては。下腿(脛骨、腓骨)、足(中足骨、舟状骨)に次ぐ発生件数が見られます。 発生部位は、大腿骨の脛部、骨幹部、穎上部の3ヵ所に大別されます。疲労骨折がどこに起こるかによって、治癒まで の期間や危険度に違いがあります。 疲労...

筋挫傷の症状と治療および予防法

筋挫傷は、筋肉の外からのカによって、筋線維が押しつぶされる損傷です。コンタクトスポーツでは衝突は日常茶飯事なので、アメリカンフットボールのように防具として衡撃を吸収させるパッドを装芯するスポーツもあります。 筋挫傷を受けやすいのは、騰i突を受けやすい部位にある筋肉です。警部、大腿部前面、下腿部前面。後面などの筋肉によく見られま...

肉ばなれの症状と治療および予防法

肉ばなれを起こした筋肉では、筋線維が腱や腱膜との連結部で断裂しています。画像検査の進歩によって、それが明らかになってきました。 大腿部は肉ばなれが起こりやすい部位で、特に大腿部の後ろ側にあるハムストリングは、最も肉ばなれを起こしやすい筋肉です。ハムストリングは、外側の大腿二頭筋、内側の半膜様筋と半腱様筋という3つの筋肉から構成...

股関節脱臼の症状と治療および予防法

股関節は、骨盤の両側にある寛骨臼蓋という深いくばみと、大腿骨の上端の丸い骨頭で構成される関節です。深く組み合っているため、非常に安定しています。また、周囲には、腎筋、ハムストリング、大腿直筋、内転筋など、強いカを発揮する大きな筋肉がそろっていて、股閔節をしっかり取り囲んでいます。 そのため、肩関節のように、簡単に脱臼が起きるこ...

Return Top