子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

腰痛症の症状と治療および予防法

腰痛の中には、腰椎分離症や椎間板ヘルニアのように、明確な診断名をつけられないものが少なくありません。そうした原因を特定できない腰痛に対して、腰痛症というあいまいな病名が使われます。 腰の痛みは、腹部臓器や骨盤内臓器の病気でも起こります。女性では生理痛の症状として腰が重だるくなることがありますし、子宮や卵巣の病気で腰痛が出ること...

椎間板ヘルニアの症状と治療および予防法

椎間板は、椎骨と椎骨の間にある特殊な軟骨のクッション組織です。この椎間板が適度に変形することで、脊椎の勁き(屈曲、進展、側屈、回旋)が可能になります。しかし、椎間板に許容範囲を超える強いカが加わると、椎間板の損傷が発生します。椎間板が損|傷を受け、後方に飛び出してしまうのが椎間板ヘルニアです。 椎間板が後方に飛び出すと、脊髄が...

腰椎分離症の症状と治療および予防法

椎の後方部分で疲労骨折が起こり、進行すると骨が割れた(分離した)状態になるのが腰椎分離症です。 以前は腰椎の後方が割れた状態になってから発見されていたため、先天性の可能性も議論されていました。ところが、スポーツ選手に明らかに多いこと、痛みの出始めの時期にはレントゲン撮影で異常がないのに、しばらくすると割れた部分が見つかることな...

腹筋損傷の症状と治療および予防法

腹筋も骨格筋である以上、肉ばなれのような障害が発生することは避けられません。腹筋体幹の支持において重要な機能を果たしているので、損傷によって重大な影響が現れます。  腹筋は、中央を縦に走る腹直筋と、左右にある腹斜筋群と腹横筋に分けられます。これらの筋肉によって、腹部の前壁と側壁が守られているのです。腹直筋は、胸郭と骨盤(恥骨)...

Return Top