子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

軟骨損傷の症状と治療および予防法

軟骨損傷の症状と治療および予防法

膝関節は下肢の最も重要な関節で、高い負荷がかかります。そのため、体重を受ける関節表面の軟骨は、損傷が起きる危険性が高くなります。

膝関節を構成する大腿骨、脛骨、膝蓋骨が互いに向かい合う表面には、他の関節に比べて厚い関節軟骨が存在し、関節に加わるカを吸収分散する働きをしています。しかし、関節軟骨の許容範囲を超えたカが加われば、関節軟骨に損傷が起きます。靭帯損傷や半月板損傷を起こすような負荷が加わったときに、それに伴って軟骨損傷が起きることもあります。

損傷が徐々に蓄積し、正常な軟骨がすり減ると、関節の滑らかな動きが失われ、衝撃を吸収分散する機能が低下してしまいます。この状態になると、軟骨が減ることで骨への負荷が増加し、軟骨の下にある骨が周囲に突出する変化を起こすようになります。このようにして起こる関節の障害を変形性関節症と呼びます。

このような変化は、通常は高齢になってから発生しますが、スポーツ選手では、軟骨損傷のために、若い年代で変形性関節症になることがあります。

軟骨損傷の原因:膝の捻挫などがきっかけになる

膝の捻挫により内反、外反、過伸展など特定方向へ強いカが加わった場合、高い場所からの着地により関節表面同士が強く街突したような場合に発生します。コンタクトスポーツでは、タックルで関節に強い衝撃が加えられておこることもあります、十字靭帯損傷や半月板熊祭がおきたときには、関節軟骨の損傷が合併していることがしばしばあります。

軟骨損傷の症状:熱感、腫れ、関節水腫

関節内で損傷がおきたことにより、それに伴って炎症が生じます。熱感、腫れ、関節水腫が、代表的な関節炎の症状です。閔節炎症状か強い場合には、関節を曲げにくくなります。

軟骨損傷の診断:自覚症状や関節炎の所見で診断

自覚症状、関節炎の所見(熱感、腫れ、関節水腫)に加え、レントゲン撮影やMRIなどの画像審査を参考にして診断します。関節水腫の関節液を抜いたときに、傷ついた軟骨の破片が浮いているようであれば、軟骨の損傷が疑われます。

比較的軽症の軟骨損傷の場合、画像検査では変化を見つけにくく、関節鏡検査で損傷が発見されることもあります。変形性関節症の状態にまで遮行すると、レントゲン撮影で、関節の隙間が狭くなっていることがわかります。

軟骨損傷の治療:できるのは症状の改善

損傷を受けた軟骨は基本的には回復しません。そこで、自覚症状を改善するための
治療が中心になります。

関節炎症状かr強い場合には、炎症を抑えるために、飲み薬や関節への注射が行われます 関節軟骨の機能が失われ、引っかかり感があったり、関節水腫を繰り返したりする場合は、関節液の成分であるヒアルロン酸を、限節内に注入する方法もあります。ただ、この方法は効果が長く持続せず、試合のたびに注入する選手もいます。したが
って、根本的な治療法ではありません。

損傷部分にかかる負荷を減らすため、シューズの中に足底板を入れ、大腿骨と脛骨の角度を変えることで、関節軟骨の損傷していない部分で体亜を受けるようにする方法もあります。

最近では、重症の軟骨損傷に対して、軟骨を移植する手術も行われています将来は、培養して増やした自分の関節軟骨の移植か可能になるかもしれません。

軟骨損傷が高度に進行した場合には、のちに人工関節を入れる場合もあります。

軟骨損傷の予防:1軟骨損傷の足底板の使用や筋力強化

軟骨損傷の進行を予防するのに、足底板の使用、関節周囲の筋力強化、体重の減量などが考えられます。十字靭帯や半月板の損傷と併発することが多いので、それらを防ぐ方法も参考にしてください。



Return Top