子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

野球肘の症状と治療および予防法

野球肘の症状と治療および予防法

広義には、野球で起こる肘の障害を総称して野球肘といいます。しかし、小学生や中学生の少年野球選手には特に肘の障害が多いため、これを野球肘と呼ぶこともあります。いずれにしても、いろいろなタイプの障害が含まれます。陸上競技のやり投げでも、同じような肘の障害が発生します。障害の発生する部位から、「内側型」「外側型」「後方型」に分類します。

【野球肘の原因】肘が外側に反ることで起こる

原因となるのは投球動作です。投げるときには、肘関節が外側へ反るため、これが負担になります。一連の投球動作の中で、コックアップ期に振り上げた腕が、加速期に向かって前方に振り出されるとき、肘関節は外側に反ります。つまり、投球を行うたびに、肘関節は外側に反っているのです。

その結果、肘関節の内イ則(小指側)には引っ張られるカが働き、肘関節の外側(親指側)には圧迫し合うカが働きます。こうしたカが繰り返し働くことにより、少年期の発育途上の関節は障害を発生してしまいます。

内側型

肘関節の内側には、内側上穎という突起があり、この突起の根元に成長軟骨があります。投球動作で肘関節の内側に引っ張られるカが繰り返し働くと、軟骨層が裂けて広がる裂離骨折が発生します。裂離骨折は、内側上穎全体に起こることも、一部分だけに起こることもあります。

大人の骨格では、内側の靭帯の付着部に部分的な断裂が起こります。その結果、肘関節の内側が不安定になります。

外側型

肘関節の外側では、上腕骨小頭と呼ばれる部分が衝突や圧迫を受けます。それによって表面の軟骨が傷つき、下層の骨とともに剥がれたり、下層の骨の細抱が傷ついたりします。

また、こうした変化が進行すると、関節の中に関節内遊離体(関節ねずみ)という軟骨や骨のかけらができたり、上腕骨小頭がつぶれてきたりします。

後方型

肘関節の後方では投球動作の後期に肘が伸ばされ、さらに伸び切るときに、上腕三頭筋に引っ張られたり、上腕骨と尺骨の肘頭部分が衝突したりします。これによって肘頭部の損傷が起こるのです。具体的には、肘頭部の成長軟骨が癒合しきらなかったり、癒合後の大人の骨に疲労骨折が生じたりします。小中学生にはあまり多くなく、高校や大学の選手に見られます。

 

【野球肘の症状】投球のたびに痛むのが主症状

投げるときに痛みが生じるのが主症状ですが、中には痛みを自覚せず、肘関節の腫れや可動制限を先に自覚することもあります。また、障害の起きている部位によって、現れる症状に違いがあります。

内側型で成長軟骨の裂離骨折が起きている場合には、投球動作の途中で急性の激痛を感じるのが普通です。

外側型で上腕骨小頭が損傷している場合、変形が起きていると肘関節の可動制限が起こります。また、関節内遊離体ができてしまうと、これが関節の隙間に引っかかり、瞬間的に関節が動かなくなるロッキングという症状が起こることがあります。

後方型では、投球動作の最後に、肘頭部に重い痛みを感じることがよくあります。このタイプは、多くは年長の選手や成人の選手に見られます。

 

【野球肘の診断】痛みが強くなる前の発見が大切

レントゲンやMRIによって損傷が明らかになります。ただし、痛みのために病院を訪れる時点で、すでに才則簒が進行していることがあります。痛みが強くなる前に発見することが望まれます。

 

【野球肘の治療】投球を中止することで回復

多くの場合、一定期間の投球中止によって自然に回復します。ただし、骨の変化が強い場合には手術が必要になります。

 

【野球肘の予防】投げすぎないようにする

成長期の未熟な骨格であることを理解し、連投を避けるなど投げすぎに注意しましょう。



Return Top