子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

尺骨(しょくこつ)神経障害の症状と治療および予防法

尺骨神経は、肘関節の内4則にある内側上 穎という突起の後ろ側を通っています。この神経が障害されるのが尺骨神経 障害です。肘における尺骨神経の通路は、 関節の勁きによって、神経が骨や周囲の筋 肉とぶつかったり、こすれたりしやすく、 もともと神経が刺激されやすい部位です。 さらに、野球肘などで肘の骨の変形が加わ ると、神経の通路が狭くなり、ますます神 経ヵ噪丿激されやすくなります。  また、肘の外反角が大きく、× 脚のように肘が外側に反っている外反肘の 人は、神経が緊張を受けやすい傾向にあり ます。肘を曲げたときに、神経の脱臼が起 こることもあります。

尺骨(しょくこつ)神経障害の原因 神経の通路が狭くなって起こる

野球など投球動作の多いスポーツでは、 肘の骨の変形が起こり、尺骨神経の通路が 狭くなっていることがあります。このよう な場合には、スポーツを行うときだけでな く、日常丿函乍によっても神経の圧迫や摩擦 が起こり、症状が続くことがあります。  外反肘の人は、尺骨神経力嗜Ij激を受けや すいので、肘の曲げ伸ばしを何回も繰り返 すだけで起こることがあります。神経の脱 臼が起こる人も同様です。

尺骨(しょくこつ)神経障害の症状 小指に響く痛みやしびれ

尺骨神経は、手の小指側の感党や指の細 かい動きを支配しています。その ため、この神経が刺激されると、小指に響 くような痛みやしびれが起こります。机の 角などに肘の内側をぶつけたとき、小指に 響くような痛みが生じますが、ちょうど同 じような症状が発生するのです。肘にもま いような、だるいような痛みが生じます。  また、神経が障害されて指の力が弱くな ることがあります。握るカを発揮しにくく なり、ものを落としやすくなりますぃ

尺骨(しょくこつ)神経障害の診断 肘の内側をたたくと小指に響く

尺骨神経の通路である肘の内側に痛みや 違和感があり、手の小指のしびれや筋力低 下、手の筋力低下が見られれは診断がつき ます。また、肘の内側を通る尺骨神経を指 で軽くたたくと、手の小指側に響く症状 (ティネル徴候という)があります。  原因を明らかにするためには、レントゲ ン撮影やCTなどの画像検査が行われま す。特に野球肘の選手は、尺骨神経の通路 が骨の変形で狭くなっていないかどうか を、調べておく必要があります。

尺骨(しょくこつ)神経障害の治療方法 神経症状が強ければ薬を使う

尺骨神経障害の症状が、運動中や運動後 にだけ見られる場合には、運動後に肘の内 側のアイシングを行います。  神経の症状(しびれ、感覚の低下、筋カ の低下など)が強い場合には、肘の安静を はかり、抗炎症薬の内服による炎症の沈静 化が必要になります。  安静や薬で神経の症状が改善しない場合 には、神経の通路を広げる手術や通路を変 更する手術が行われます。

尺骨(しょくこつ)神経障害の予防方法 オーバーヘッド動作に注意

肘の外反が強い人や、尺骨神経の脱臼が 起こる人は、尺骨神経カ巧1く刺激されやす い傾向があります。このような人は、腕を 高い位置から振り下ろすオーバーヘッド動 作(野球、バレーボール、テニスなどで見 られる)のときに、肩の外旋や肘の外反が 強くなりすぎないようにします。そのため には、肩甲骨や腰部を十分に動かすフォー ムを身につけることが必要です。

<PR>

Return Top