子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

槌指(つちゆび) の症状と治療および予防法

槌指(つちゆび) の症状と治療および予防法

槌指(つちゆび)という病名は、損傷を受けた結果、指の第1関節だけが曲がり、槌のような形 の独特の変形をきたすことからつけられて います。ところが、損傷の直後は典型的な 形になっていないことがあります。そのた め、槌指と気づかず、見逃されてしまうこ とが少なくありません。

この障害は、突き指の1つのタイプと考 えることもできます。通常の突き指とは損 傷される部位が違い、損傷される組織が違 っています。

槌指の原因:腱が切れたり骨が剥離したり

ボールや人体などによって強い力が加わ り、指の第1関節が過度に曲げられるとき に発生します、指を伸ばすのに使われる腱 が切れたり、腱の付芯部の骨が剥離したり することで、関節が曲がったまま戻せなく なるのです 。

野球、ソフトボール、バレーボールな ど、ボールを使うスポーツで起こることが 多いのですが、ラグビーやアメリカンフッ トボールで、タックルするときに起こるこ ともあります。

槌指の症状:指を伸ばすことができない

患部の痛みと腫れが起こりますが、腫れ はあまり目立たないことが多いようです。 骨が剥がれている場合には、皮下出血が見 られます。

最も典型的な症状は、指先の関節を完全 に伸展させることができなくなることで す。そのために、指先だけが曲がった独特 の形になります。腱が切れたり、 腱付満部の骨が剥がれたりしていなけれ ば、通常、指をこのような不自然な形に曲 げることはできません。

ただし、損傷を受けた直後は、このよう な変形は目立たないことがあります。片側 の腱で引っ張られることにより、時間の経 過とともに、徐々に変形が進んでいくこと が多いのです。

槌指の診断:腱か骨かを明らかにする

曲げた指先を伸展させることができなけ れば、この障害の可能性があります。ま た、槌指であることは、独特の変形や、指 先が伸びない症状などから診断できます。

しかし、それだけでは十分ではありませ ん。診断においては、レントゲン撮影を行 い、腱が切れているのか、腱の付着部の骨 が剥がれているのかを、明確にしておく必 要があります。なぜなら、どこが 損傷を受けているかによって、その後の対 応が異なってくるからです。

槌指の治療:指を伸ばして固定する

腱が切れている場合には、指先を伸ばし た状態にして固定します。それによって、 切れた腱の断端同士が近接していれば、 れや可動制限を先に自覚することもありま す。また、障害の起きている部位によっ て、現れる症状に違いがあります。

内側型で成長軟骨の裂離骨折が起きてい る場合には、投球動作の途中で急性の激痛 を感じるのが普通です。

外側型で上腕骨小頭が損傷している場 合、変形が起きていると肘関節の可動制限 が起こります、また、関節内遊離体ができ てしまうと、これか関節の隙間に引っかか り、瞬間的に関節が動かなくなるロッキン グという症状が起こることがあります。

後方型では、投球1が乍の最後に、肘頭部 に重い痛みを感じることがよくあります。 このタイプは、多くは年長の選手や成人の 選手に見られます、

槌指の診断:痛みが強くなる前の発見が大切

レントゲンやMRIによって損傷が明ら かになります、ただし、痛みのために病院 を訪れる時点で、すでに損傷が進行してい ることがあります。、痛みが強くなる前に発 見することが望まれます。

槌指の治療:投球を中止することで回復

多くの場合、一定期間の投球中止によっ て自然に回後します、ただし、骨の変化が 強い場合には手術が必要になります。

槌指の予防:投げすぎないようにする

成長期の未熟な骨格であることを理解 し、迎投を避けるなど投げすぎに注意します。



Return Top