子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

腰椎分離症の症状と治療および予防法

腰椎分離症の症状と治療および予防法

椎の後方部分で疲労骨折が起こり、進行すると骨が割れた(分離した)状態になるのが腰椎分離症です。

以前は腰椎の後方が割れた状態になってから発見されていたため、先天性の可能性も議論されていました。ところが、スポーツ選手に明らかに多いこと、痛みの出始めの時期にはレントゲン撮影で異常がないのに、しばらくすると割れた部分が見つかることなどから、大部分は後天的におこることがわかってきました。

最近では、まず疲労骨折として発生し、それが治らず、進行して完全に分離してしまったものが、レントゲン撮影で発見されているのだと考えられています。

腰椎分離症の症状:腰の反りやひねりで起こる

野球、サッカー、体操、ウェイトリフティングなどのスポーツでよく見られます。野球とサッカーは競技人口が多いことも関係しています。割合からいえば、体操やウェイトリフティングが多くなっています。

損傷が発生するのは第5腰椎が多く、腰椎の後部にある関節突起聞部に骨折が起こります。上下の椎骨との関節を形成する突起の間の部分です。

力学的なモデルを用いた実験研究で、腰椎に反りやひねりを加えると、関節突起間部に負荷が集中することが明らかになっています。

腰椎分離症の診断:漠然とした腰痛

腰痛が起こります。腰を反らせたり、ひねったりしたときには、損傷部位に力が加わるため、痛みが誘発されます。しかし、それ以外のときには、漠然とした腰痛を感じるにすぎません。そのため、重大視されないままスポーツを行つでしまい、進行させてしまうことがあります。

腰椎分離症の診断:初期の診断にはCTやMRI

初期の疲労骨折の段階では、レントゲン撮影では検出することができません。そのため、CTやMRIによる検査が行われます。これらの検査では、初期の疲労骨折でも写し出されます。適切な治療が行われずに進行すると、骨が完全に分離してしまいます。

また、MRIの画像では、骨が癒合する反応が起きているかどうかも判定できます。癒合する場合、骨折の周囲の血流が増えるため、MRI画像では白く写し出されるのです。進行した骨折でも、MRIで癒合の反応が現れていれば、安静にすることで治療効果が期待できます。

腰椎分離症の治療:コルセットを使って安静に

骨が癒合する可能性がある場合には、患部を安静に保ちます。特に腰を反らせたりひねったりする動作は、損傷部位に負荷をかけるので行わないようにします。

腰部の動きを制限するためには、コルセットを用います。コルセットは、骨盤から肋骨まで覆う長さが必要です。3ヵ月間、コルセットで動きを制限することで、損傷のほとんどは治ります。

ただし、MRI検査で骨が癒合する可能性がないと判断できた場合には、長期間の安静は意味がありません。痛みが軽くなれば、運動を許可します。

腰椎分離症の予防:下肢後面の筋肉を柔軟に保つ

腰椎分離症のたいていは、下肢や臀部の筋肉の柔軟性が低下している成長期に発生します。ハムストリングや大腎筋など下肢の後面のストレッチングを行い、筋肉を柔軟に保つことが、腰部に加わる負荷を軽減するのに役立ちます。



Return Top