子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

循環器系~体のすみずみまで血液を送る

循環器系~体のすみずみまで血液を送る

循環と血管の構造

循環器系は、体のすみずみの細胞まで酸素や栄養素を運び、細胞で発生した二酸化炭素や老廃物を運び去るのに使われる道路網のようなものです。心臓と血管から構成されています。

血液が体内をめぐることを循環といいます。循環は、心臓から出た血液が肺に行って戻ってくる「肺循環」と、肺を除く全身をめぐる「体循環」に大別されます。

肺循環

全身から戻ってきた二酸化炭素を多く含む静脈血は、心臓の右心房に入り、右心室から肺に送り出されます。肺では血液中の
二酸化炭素を肺胞に排出し、酸素を受け取ります。こうして、酸素を豊富に含む動脈血となって、心臓の左心房に戻ります。

体循環

肺から戻った動脈血は、左心房から左心室に入り、大動脈に送り出されます。大動脈から次々と枝分かれした動脈は、全身の
さまざまな臓器(筋肉を含む)に分布していて、動脈血を送り届けます。それぞれの臓器では、毛細血管の薄い膜を通して、酸
素と二酸化炭素、栄養素と老廃物の交換が行われます。臓器に分布する細い静脈は、合流を繰り返して最終的に大静脈となり、心服の右心房に戻ります。こうした循環の中には、腎臓と肝臓への循環が含まれています。体にとって不要な物質は肝臓で分解され、腎臓から排泄されます。

血管には「動脈」と「静脈」があります。動脈は体のすみずみまで血液を送るため、圧力(血圧)に耐えられるように、筋肉(平滑筋)や弾性線維を含んだ中膜が厚くなっています。これに対し、静脈は中膜が薄く、全体としても動脈に比べて壁が薄いのが特徴です。

心臓の構造と役割

健康な人の心臓は、握りこぶしよりやや大きい程度で、重さは300 g くらいあります。肋骨と胸骨に囲まれた胸郭の、正中よりやや左に寄った位置にあります(まれに心臓や内臓が左右逆転した人もいます)。

心臓は左心系と右心系に分けられ、それがさらに、心房と心室に分けられます。心房と心室の間、心室の出口には弁があり、血液が逆流するのを防いでいます。

心臓の壁は心筋という筋肉でできています。心房の壁に比べ、血液を送り出す心室の壁は厚く、特に全身に血液を送り出す左
心室の壁は最も厚くなっています。心臓を構成する筋肉である心筋は、冠動脈という血管によって血液の供給を受けています。

心筋の活動は、骨格筋とは異なり、自分の意思で変えられるものではありません。心臓の洞結節という部位で作られる刺激が、心筋の中を伝わっていくことにより、自律’的に拍動が起こります。

この活動を電気的に記録する検査が心電図検査です。

心臓は体の成長に伴って大きくなり、1回に拍出される血液量が増加します。また、スポーツ選手はトレー二ングによって心臓の容量が大きくなり、一般の人より拍出量も多くなっています。そのため、安静時の心拍数が少なくなる傾向があります。

トレー二ングによって心臓が鍛えられると、心臓の壁の筋肉が厚くなります。心筋の厚さの変化は、心電図にも現れます。



Return Top