子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

消化器系~栄養を吸収し、蓄え、排泄する

消化管の構造と役割

消化器系は、摂取した食べ物や飲み物を、体の中で使いやすい栄養素に分解したり、それを吸収して蓄えたり、不要な物質を排泄したりするまでの、さまざまな働きをしています。

口の中では、歯で噛み砕くという機械的消化が行われ、一部は唾液によって分解する消化が始まります。

食べた物は、食道を通って胃に入ります。胃では主にたんぱく質の分解が起こります。

小腸

小腸(十二指腸、空腸、回腸)では、胃から運ばれてきた内容物が、さらに分解されます。その際、小腸から出る腸液だけでなく、肺臓からの腸液、肝臓からの胆汁といった消化液も加わり、吸収しやすい栄養素にしていきます。

小腸の壁の粘膜は、ひだ状になっているために表面積が広く、分解された栄養素を効率よく吸収できるようになっています。栄養素は、粘膜の壁から毛細血管やリンパ管に取り込まれます。

大腸

大腸(盲腸、結腸、直腸)は、小腸で栄養素が吸収された残りの内容物から、水分や電解質を吸収します。そうすることで残った内容物を固め、便として排泄する役割も担っています。

大腸の中には、いわゆる腸内細菌が生息していて、人間の消化液では分解できない物質の分解を助けています。腸内細菌の種
類は年をとると変化しますが、薬として使われる抗生物質によっても乱されるため、下痢が起こることがあります。

虫垂

盲腸の先端にぶら下がっている小さな突起が崔皇です。子ども時代に感染に対して防御する働きをするリンパ組織です。ここに、腸を通過する内容物とともに、細菌が入り込んで繁殖すると、虫垂炎(俗にいう盲腸炎)を起こします。

虫垂炎は、強い腹痛を起こすことで知られています。通常は、右下腹部の虫垂の位置を中心に痛みが発生しますが、炎症を起
こした虫垂が破れると、腹腔内に細菌や膿が広がり、腹膜炎を引き起こします。このときには、腹部が張った状態になり、腹部
全体が強く痛みます。

肝臓、胆のう、すい臓の役割

肝臓

肝臓は消化器の中で最大の分泌腺で、胆汁を作っています。また、たんぱく質、糖質、脂肪というすべてのエネルギー成分の
代謝に関係し、アルコールや薬物の分解(解毒)の役割も果たしています。

右の上腹部にあり、大部分は肋骨で守られていますが、下から突き上げるような腹部の打撲で損傷することがあります。

胆のう

肝臓で作られた胆汁をためておく袋状の臓器で、胆汁を濃縮させる役割を果たしています。中年以降の年代で、栄養過多の人
では、胆汁の中で胆石という結石ができることがあります。これは強い痛みを伴う胆石発作の原因となります。

すい臓

消化器として謄液を分泌するほかに、インスリンなどのホルモンを分泌する内分泌器官でもあります。

糖尿病は、インスリンの分泌や働きが不十分であるために起こります。血糖(血液中のブドウ糖)を筋肉や肝臓に取り込んで貯蔵する働きが低下し、血糖が高くなってしまうのです。

肺臓は胃の後ろから下にかけての深いところに位置しています。それでも、スポーツ中の腹部の打撲で損傷を受けることがまれにあります。

<PR>

Return Top