子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

内分泌系~各器官にホルモンで情報を伝える

内分泌系~各器官にホルモンで情報を伝える

ホルモンとは

内分泌器官は、体の情報や周囲環境の情報を、体内のさまざまな器官に伝える働きをしています。

化学物質であるホルモンを、血液を介して送ることで情報を伝えます。ホルモンは、ごく低い濃度で特定の器官の働きを変えることができます。

ホルモンを分泌する全身のさまざまな内分泌器官の働きは、内分泌の中枢である視床下部から出るホルモンの指令により、促進されたり、抑制されたりします。内分泌の中枢は、分泌されたホルモンの濃度を感知し、高くなりすぎたり、低くなりすぎたりしないように制御します。

内分泌器官の働き

視床下部

大脳の下方の中央部にあります。多くの内分泌器官の働きを調節する最も上位の中枢です。ここから、下垂体前葉への指令ホ
ルモンがまず出されます。ー部、視床下部の細胞が下垂体後葉に伸びて、下垂体からホルモンを分泌しています。

視床下部は、体に加わった負荷(ストレス)を受けて、体の状態を保つための指令を出します。オーパードレー二ング症候群や運動性無月経などは、スポーツによる心身のストレスが原因となり、視床下部を介して内分泌器官に作用し、体にさまざまな変化を起こしている状態なのです。

下垂体

視床下部の下にぶら下がるように位置している内分泌器官です。下垂体は視床下部からの指令ホルモンを受け、さまざまな内
分泌器官にホルモンの分泌を促す指令ホルモンを出します。

下垂体には、このような指令ホルモンを出す働きと、直接目標臓器に働くホルモンを分泌する働きの2つが備わっています。後者のホルモンとしてよく知られているのが成長ホルモンです。骨や筋肉に働きかけ、成長を促したり、筋肉を肥大させたりします。薬物として成長ホルモン剤を使用するのはドーピングになります。

甲状腺

首の前方で、甲状軟骨(のどぼとけ)のすぐ下にあります。甲|犬JI泉ホルモンとカルシトニンが分泌されます。前者は、心臓の
働き、エネルギー代謝、胃腸の働き、心身の成長など、多彩な働きに関係しています。後者は骨の形成に関係しています。

若い女性のスポーツ選手に、甲状腺機能充進症(バセドー病)が見られることがあります。この病気では、心拍数が多い、汗をかきやすい、疲れやすい、体重が減少する、などの症状が現れます。軽症の場合、トレーニングの影響と間違われることがあるので要注意です。

副甲状腺(上皮小体)

甲状腺の裏側にある非常に小さい内分泌器官で、副甲状腺ホルモンを分泌します。副甲状腺ホルモンは、骨のカルシウムを溶
かし、血液中のカルシウムを増やす働きをします。

骨密度が低い選手は、原因を探るため、ごのホルモンの検査も行います。

腎臓

泌尿器系に属する器官ですが、内分泌器官としての働きも持っています。分泌するのは、レニンという血圧調節に関係するホルモンと、エリスロポエチンという赤血球りずる働きを促すホルモンです。

エリスロポエチンは、高所トレー二ングを行うと分泌量が増え、その結果、赤血球数やヘモグロビン濃度が高まることで知られています。薬剤としてエリスロポエチンを投与するのは、ドーピングになります。

副腎

腎臓の上に帽子のように乗っている非常小さなな内分泌器官です。エネルギーや水分などの物質代謝のほか、ストレスが加わ
ったときに働きます。スポーツとの関係では、アドレナリンが重要な働きをします。心拍数を高め、血糖値を上昇させ、筋肉への血流量を増やすことで、運動するのに適した体の状態を作り出すのです。

慢性のケガやアレルギーの治療で用いられる炎症止めのステロイド薬は、副腎で分泌されるホルモンに類似しています。大量
に使いすぎると、免疫力のイ氏下、骨や腱の強度の低下を引き起こします。

すい臓

消化器系に属する器官ですが、内分泌器官としては、糖の代謝に関係するインスリン、グルカゴンを分泌します。

消化管

胃や小腸の壁からは、消化管ホルモンが分泌され、消化の働きを調節しています。

精巣・卵巣

いわゆる性ホルモンを分泌する内分泌器官です。



Return Top