子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

神経~筋肉に刺激を伝える

反射による運動

私たちの運動には、動かそうという意思によって起こす動きと、そのような意思に関係なく生じる動きとがあります。同じ筋の収縮でも、関節を伸ばそうという意思で生じる動きと、ある特定の刺激により、脳からの指令がないまま生じる動きがあります。後者の代表が「反射」です。

よく知られているものに、膝蓋腱反射があります。膝蓋骨の下方にある膝蓋腱をたたくと膝関節が伸展するのは、腱がたたかれることによって膝蓋腱に連結する大腿四り勤方が瞬間的に伸ばされ、その結果、大腿四頭筋に収縮しようとする働きが起こったためです。

この反射は、腱や筋線維の伸びを感じ取った情報が、末梢神経を介して脊髄に伝えられ、脊髄で筋線維を収縮させる指令が出
ることで起こります。刺激は脳まで行かず、脊髄で戻ってくるため、非常に短時間で動き炳のに触れたとき、瞬間的に指を引っこめる動作が起こるのも反射と同じです。

意思による運動

動かそうという意思に基づく動きは、大脳の一次運動野の特定の部位に対応する神経細胞(一次運動ニューロン)が刺激され
ることで起こります。神経細胞の突起は脊髄を下降しますが、途中で交差して大部分は脊髄の反対側に行き、ここを伝わった刺
激が二次運動ニューロンを刺激します。二次運動ニューロンは、神経根や末梢神経の中で運動線維となり、筋肉で各筋線維に枝を伸ばしています。そこに刺激が伝えられることで、筋収縮を引き起こすのです。

この経路を錐体路と呼びます。

末梢神経の働き

末梢神経は、神経根から伸びる神経線維(正確には神経細胞の軸索突起)の束です。頚部や腰部では、複数の神経根が合流したり分岐したりする神経叢を作り、やがて末梢に至ります。神経の中を刺激が伝わる速さは、毎秒50~70mという速さです。生
後半年から1年ほどで、成人と同じくらいの速度になっています。

運動神経を伝わった刺激は、その先端にある特殊な構造である神経力辨妾合部に行きつきます。刺激が伝わってくると、その先
端からアセチルコリンという神経伝達物質を放出します。この物質が筋肉側にある受容体に結合すると、筋肉の収縮が開始され
るのです。一方、皮膚では、温度や圧力などのさまざま刎参Mが、それぞれの受容体によって受け取られます。この刺激は、末梢神経の中の知覚神経の線維を伝わって上行します。

脊髄に到達する直前にある神経節を経、て、脊髄内で二次ニューロンとなり、上行して大脳に|離勤町云達されます。末梢神経
は支配する領域が決まっているため、どの末梢神経からどのような刺激が伝えられたかによって、体のどの部位でどんな刺激が加わったのか感知されます。

<PR>

Return Top