子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

神経の障害~神経損傷、神経炎

スポーツによる障害の中には、神経が損傷されるケガや、神経が摩擦や圧迫により炎症を起こすケガがあります。

神経損傷、神経炎

神経細胞は軸索突起という非常に長い突起を持っています。この突起が束になり、目に見える太さの神経を構成しています。

神経の損傷には、内部の軸索突起のみの損傷から、神経の束を取り囲む周膜という膜も含めて完全に切れる損傷まであります。神経が強い圧迫を受けた場合には、軸索突起の損傷が起こり、軸索突起内の流れが途絶することがあります(①)。途絶した部位から末梢寄りの軸索突起が壊死することもあります(②)。さらに、軸索が切れてしまう損傷(③)、や、周囲組織や周膜まで損傷されるもの(⑤)もあります。

たとえば、肘の内側の尺骨神経を打撲して手の小指側がしびれても、数分で回復するのは、①タイプの障害だからです。手枕をして眠ったために、手関節や指が伸展できなくなり、回復まで1ヵ月以上かかることがあります。これは②タイプの損傷です。骨折に伴って神経が切れている場合には、⑤の損傷になります。

①~③の損傷は、多くの場合、軸索が自然に回復したり、再生したりして治ります。軸索の再生速度は中枢側ほど速く、末梢では遅くなります。たとえば、肩や肘では1日に5mm程度の速度で再生しますが、手関節では1~2mmです。

また、⑤の場合、軸索が伸びるための道すじも損傷しているので、これが離れていると軸索の再生は起こりません。その場合、神経盛という神経のこぶを作ってしまい、痛みやしびれが残ります。したがって、⑤のような損傷では、神経の周囲の膜を縫い合わせる手術が必要になります。

<PR>

Return Top