子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

軟骨損傷の症状と治療および予防法

膝関節は下肢の最も重要な関節で、高い負荷がかかります。そのため、体重を受ける関節表面の軟骨は、損傷が起きる危険性が高くなります。 膝関節を構成する大腿骨、脛骨、膝蓋骨が互いに向かい合う表面には、他の関節に比べて厚い関節軟骨が存在し、関節に加わるカを吸収分散する働きをしています。しかし、関節軟骨の許容範囲を超えたカが加われば、関...

後十字靭帯損傷の症状と治療および予防法

後十字靭帯は、前十字靭帯と同様に膝関節の内部に存在する靭帯です。この靭帯は膝関節の後方にあり、前方から見ると、関節の内儀上方からやや外側下方へとつながっています。 主な機能は、大腿骨と脛骨をつなぎ、脛骨が後ろにずれないように支持することにあります。回旋方向に対して支持する役割は、前十字靭帯ほどではないようです。 後十字靭帯損傷...

前十字靭帯損傷の症状と治療および予防法

膝関節には、関節の周囲だけでなく、関節内部にも靭帯が存在し、関節の安定化に役立っています。特に方向転換の ような複雑な動きは、関節内の靭帯による支持性がないと行うことができません。 前十字靭帯損傷は、スポーツ医学の発展を象徴する歴史を持っています。半世紀前には、関節の内部を検査する手段がありませんでした、そのため、膝のケガをし...

内側側副靭帯損傷の症状と治療および予防法

膝関節の障害では、球技を中心に靭帯損傷が発生しやすく、特に重要視されています。中でも発生件数が多いのは、膝関節の内側を支持している内側側副靭帯の損傷です。 この靭帯は膝閔節の内側の皮下にあり、閔節包と接しているので、痛みや腫れを直接観察しやすいという特徴があります。内側側副靭帯損傷には、合併損傷として、半月板扱傷や十字靭帯損傷...

股関節脱臼の症状と治療および予防法

股関節は、骨盤の両側にある寛骨臼蓋という深いくばみと、大腿骨の上端の丸い骨頭で構成される関節です。深く組み合っているため、非常に安定しています。また、周囲には、腎筋、ハムストリング、大腿直筋、内転筋など、強いカを発揮する大きな筋肉がそろっていて、股閔節をしっかり取り囲んでいます。 そのため、肩関節のように、簡単に脱臼が起きるこ...

恥骨結合炎の症状と治療および予防法

恥骨結合とは、骨盤の前方で両側の骨盤の骨が結合する部分です。骨盤のうち、左右の恥骨という部分が線維組織によって連結された構造になっています。向かい合う骨同士の間で、動きが起こる関係を「関節」、ほとんど動かないように制動されている関係を「結合」といいます。 恥骨結合は基本的には動きませんが、唯一の例外が出産時で、ホルモンの働きで...

槌指(つちゆび) の症状と治療および予防法

槌指(つちゆび)という病名は、損傷を受けた結果、指の第1関節だけが曲がり、槌のような形 の独特の変形をきたすことからつけられて います。ところが、損傷の直後は典型的な 形になっていないことがあります。そのた め、槌指と気づかず、見逃されてしまうこ とが少なくありません。

突き指の症状と治療および予防法

突き指は、学校スポーツで球技を行ったときなどに、非常に多く発生しています。しかし、突き指によってどのようなことが起きているのかについては、あまり知られていません。いまだに「引っ張っておけばよい」という認識の指導者もいるような状態です。 突き指とは、ボールや他の選手の体などにより、指に強い力が加わって起こる障害の総称です。指に何...

TFCC損傷の症状と治療および予防法

TFCCは三角線維軟骨複合体の略称です。手首の関節の小指側には、尺骨の先端と手の骨との間に、軟骨でできた三角形のクッション組織があります。これが三角繊維軟骨複合体です。名前が長いので、英語名の略称であるTFCCがよく使われています。 TFCCの熊易は、急性のケガとしても発生しますし、慢性的な経過によって起こることもあります。 ...

舟状骨骨折の症状と治療および予防法

手首にある舟状骨の骨折です、転倒して手のひらを着いたとき、子どもではコレス骨折が起きやすいのですが、高校生や大学生など年長の選手では、舟状骨骨折が発生します。この骨折は診断がつきにくく、骨が癒合しにくいことが知られています。 舟状骨骨折の原因:転倒時に手のひらを着くこと 最も多いのは、転倒して地面に手のひらを着いたときに起こる...

Return Top