子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

疲労骨折の症状と治療および予防法

大腿部は疲労骨折を起こしやすい部位です。疲労骨折はランニングをする人に多いのですが、ランナーの疲労骨折としては。下腿(脛骨、腓骨)、足(中足骨、舟状骨)に次ぐ発生件数が見られます。 発生部位は、大腿骨の脛部、骨幹部、穎上部の3ヵ所に大別されます。疲労骨折がどこに起こるかによって、治癒まで の期間や危険度に違いがあります。 疲労...

梨状筋症候群の症状と治療および予防法

梨状筋という名前は、一般的にはあまり知られていませんが、最近のスポーツ界では、この筋肉に関係する障害が増加しています。梨状筋は賢部にある筋肉です。賢部の大部分は大賢筋に覆われていますが、それよりも深い部分に位置しています。股関節を外側に回す(外旋)働きを受け持つでいます。立つだ姿勢でつま先や膝を外側に向ける運動が外旋です。また...

Return Top