子供や大人のスポーツ障害の治療の基礎知識

タナ障害の症状と治療および予防法

膝関節の内部には、関節内の空間である関節腔を仕切る膜状の壁がいくつかあります。この壁を滑膜ヒダといいます。膝関節の内側から下方にかけての部分で、大腿骨と膝蓋骨の間に見られる滑脱ヒダは、全人口の3~5割に存在します。この滑膜ヒダは、関節鏡で観察すると物を乗せる棚のように見えるため、タナと呼ぱれています。タナの幅は個人差が大きく、...

半月板損傷の症状と治療および予防法

半月板は、膝関節内部の大腿骨と脛骨の間に介在するクッション組織で、線維軟骨でできています。半月というより、三日月を少し太くしたような形をしていて、膝の内側(母指側)と外側(小指側)に1個ずつ存在しています。 半月板の役割は、膝関節に加わる衝撃を分散することと、関節表面の接触面積を広くして関節を安定させることです。高齢者では、関...

梨状筋症候群の症状と治療および予防法

梨状筋という名前は、一般的にはあまり知られていませんが、最近のスポーツ界では、この筋肉に関係する障害が増加しています。梨状筋は賢部にある筋肉です。賢部の大部分は大賢筋に覆われていますが、それよりも深い部分に位置しています。股関節を外側に回す(外旋)働きを受け持つでいます。立つだ姿勢でつま先や膝を外側に向ける運動が外旋です。また...

Return Top